About ChocoReko

ChocoRekoは日本発のローチョコレートブランド。
2012年2月よりさいたま市に工房を構えスタートしました。
ChocoRekoはオーナー兼ローショコラティエ狩野玲子の通称ちょこれこをブランド名にしています。

Custom made Ingredients

Raw Cacao-ローカカオ

フェアトレードのカカオを低温処理したエクアドル産の希少な古来種の有機カカオをメインに、フレーバーによって様々な産地のローカカオを使い分けております。特にメインで使用しているローカカオは、とても深みがあり複雑な余韻の残るChocoRekoローチョコレートの最強のパートナーです。

Sweetner甘味料

低GI値で、栄養価の高い未精製の有機パームシュガーを使用しています。 白砂糖を控えている方、血糖値が気になる方への甘味料としては最適です。ホワイトチョコレートの一部は黍糖を使用する場合もあります。

天然の厳選素材によってのみ色づけをしております。添加物を気にされる方にも安心してお召し上がりいただけます。現在採用食材は以下の通りです。
ピンク色/ラズベリーパウダー、ストロベリーパウダー、ドラゴンフルーツパウダー
黄色/マンゴーパウダー、ターメリックパウダー
オレンジ色/ゴジベリーパウダー
紫色/ブルーベリーパウダー
緑色/AFAブルーグリーンアルジーシャスタ 青色/ブルーマジック

*植物油、乳製品、レシチンなどの乳化剤は一切無添加なので、カカオ本来の香りとシンプルな味わいを楽しんでいただけます。

Artisanal process for making

巨大カカオバターの解体作業から、全ての行程を手作業で丁寧に行なっております。ChocoRekoローチョコレートは、有機ローカカオバター、有機ローカカオパウダー、それに天然の甘味料を45℃以下で混ぜ合わせ、湿度や気温により微調整しながらのテンパリング、そして一つ一つ手作業でモールドに流し入れて作ります。

チョコレートはコンチングマシーンにより、より滑らかで口溶けがよくなる加工をしているところが大半ですが、ChocoRekoローチョコレートは手作業にこだわっておりますので、通常製品はコンチングマシーンは使用しておりません。
機械を通すことによっての滑らかさより、手作業ならでは温かみ、原材料の味の鋭さ、アステカ王国時代のチョコレートのようなカカオ本来の風味がより強く体感できるシンプル製法を採用しています。

 

2013年より、カカオ豆からつくるローチョコレートも少量で販売しております。その際はカカオ豆の洗浄からハスキング、乾燥まで数日間、そしてさらにメランジャーにて2日間と通常製品とは異なる製造にてローチョコレートを製造してます。より濃厚で豆マメしいローチョコレートは、通常製品とは違い産地、品種違いによるカカオ豆の個性がはっきり出る仕上がりになっております。

 

Our Story

ChocoRekoは、2012年にローチョコラティエ狩野玲子がスタートしたローチョコレートブランドです。2008年より東京近郊でローチョコレートワークショップを開始し、自宅で美味しく作れるローチョコレートをお伝えしてきました。開始当初は、ほとんど認知されていなかったローチョコレートも年々口コミで広がっていき、有り難いことに購入希望も増加。現在はお教室以外に、菓子製造業としてローチョコレートの卸販売、イベント出店、レシピ提供などを行なっております。

Return to Page Top.